認証マークについて

マークの意味

安全性自主点検の認証マークは、英語で安全性を意味するSafetyの頭文字のSを図案化したものです。見やすさ、わかりやすさ、力強さから太いSとし、変化を与えるために真ん中に溝を入れてあります。
なお、マークの下には認証機関の名称が入ります。
一方、GMPの認証マークは、認証機関ごとに定めれられています。

安全性自主点検認証マーク

GMPマーク

マークのついている健康食品

認証マークは、健康食品認証制度協議会から指定を受けた認証機関が、健康食品の事業者が行った安全性評価(自主点検)に関して一定の水準に達していること、健康食品及び原材料の製造工程管理によって一定の品質が確保されていることを確認した製品についています。これにより、第三者認証を受けたことが容易に確認でき、消費者が健康食品を選択しやすくなります。

マークを取得するには

認証マークの付与は健康食品認証制度協議会が指定する認証機関が行います。事業者は認証マークの取得を希望する健康食品について、指定認証機関が定める安全性自主点検に関する認証基準に沿った安全性の自主点検や、GMP(適正製造規範)に基づく工程管理を行い、その内容を第三者である認証機関が確認し、認証マークが付与されます。

健康食品認証制度協議会が指定した認証機関名(平成28年4月現在)